「自炊の森」利用してみた(2011年2月現在情報)

秋葉原にある自炊環境レンタルサービスの「自炊の森」を利用してみました。
公式サイトはこちら→ http://www.jisuinomori.com/

ネットではいろいろ言われてたみたいですが、去年末のプレオープン
それから年明けのサイトでの告知から、システムが変わった模様。
「見せてもらおうか。業務用のドキュメントスキャナの威力とやらを!」
と常々思っていたので、
何はともあれ体験してみるかと、いろいろ種類を揃えて持ち込みました。

・一般的な厚みの文庫
・京極夏彦の新書
・B6サイズの青年コミック、ゲームブック
・B5サイズの同人誌、4コマ系コミック
・A4サイズのゲーム攻略・設定本
(写真撮るの忘れてた…店内での撮影は一応ひと声かければいいらしい)

機材の時間貸しはやめたようで、持ち込み書籍の重さ1kg以内1000円で
時間無制限(混雑時にはその限りではない模様)で機材を借りられます。

ちなみに今回の合計は2.4kg(四捨五入される)だったので、
1kgオーバー分100gに対して100円ずつ加算。
+裁断を頼む場合は1冊80円かかります。
一応、平とじのノリを溶かす用のアイロンも置いてました。

FEDEXキンコーズでも裁断代行してくれますが、こちらは5cm以内で、
約1cmごとに100円でした。早くて背表紙も返してくれますが、
他人に委ねるのをはばかられるような本は、やはり恥ずかしくて頼めないw
そして、えてしてそういうモノほど自炊して片付けたい(^^;

その点、この店では、場所柄か「わかってる」店員がやってくれるので、
”薄い本”から成年コミックまで、気分的にはギリセーフってとこでしょうかww
裁断機は、中古でも10万とかする業務用で、切り口がキレイ。
ちなみに厚さは7cmまで。背表紙も回収できます。
その場で店員が確認して、ノリがつかないギリまでやってくれる模様。
(あとでノリがとれてない部分のやり直しを頼みましたが、そちらは無料)
受付で渡した後、裁断が終わったものから、スペースまで持ってきてくれるので、
流れ作業も可能。

機材はPCがマウスコンピュータ+Panasonic・KV-S5055CN(定価30万…)の
基本セット2台。それにフラットベッドスキャナが追加されたものが2台と、
機種は確認できませんでしたが、PC+他社ドキュメントスキャナ+フラットベッドの
セットが1台の計5台。

今回カバー等は家でスキャンしてあったので、基本セットを仕様。
PCのスペック的には、パラレルで作業するとちょっとしんどい感じだったので、
できればメモリ増量してほしいかも。

スキャニングは、アプリにプリセットされたサイズやdpiを選んでいくだけ
だったので、初心者でもマニュアル見ながらならすぐ慣れるレベル。
フォルダや統一ファイル名は自分で設定できます(ファイル名以下は連番)。
店員も質問にていねいに教えてくれる模様(隣の様子をチラ見)。

さて、実際のスキャン速度や精度は?というと、まずスピードは文句ナシ!
カラー600dpiでも、印刷かってくらいページが吸い込まれてきます。
10ページ程度ごとに、読み込み→データ保存と若干もたつきますが、
廉価スキャナに比べたら、ないに等しい時間といっていいでしょう。
微妙な傾きがたまに起こるのが気になるといえば気になるところですが、
小型の端末で読むなら問題なく、モニタで見る限りでも気にならないレベル。
気になる人は、jpgで持ち帰って、色味などと一緒に補正してもいいかと思います。

精度は600dpiなら、大きめのモニタで見ても、新書や文庫のルビまで
ちゃんと読めます。
ただ1ページ頭のデータが重くなるので、iPhoneとかに転送する場合は
後で圧縮かけるか精度落とす方がいいかも。(たぶん重くて読み込めないと思われ)
ちなみに300dpiだとモニター視聴ではキツめでした。

あと、データがjpgやbmpなど画像としてのみ。
OCRには非対応なのが弱点。
資料系の本や雑誌は、やっぱりOCR欲しいよね…
PDF化したい人は、あとでフリーソフトで変換かけましょう。
(そのためにもモノクロ素材でもカラー高解像度での読み込み推奨します)

精度的には、一人利用するたびに店員が、スキャナの読み込み部分を
クリーニングしてるし、スペースに掃除セットも置いてあるので、
万が一、ヨゴレによる線ノイズが発生しても自分で対処できます。
(時間制限がないのがこの点で助かる)

複数ページ同時に送ってしまう重送もまず起こりませんでした。
面倒くさがって同人誌で、厚手の表紙と薄い本体ページを
一緒に突っ込んだ時に起きたくらい。
(これは最初に送ったものの厚みを検知して送り続けるセンサーのためかと)
ちゃんと厚みを揃えてセットすれば、1ページが薄い文庫もページ抜けなく
送ってくれます(ただ、確認はしましょう)。

データを持ち帰るのは、USB接続機器であれば何でもOK。
(隣のカップルは「ノルウ◯イの森」をスキャン後、iPhoneに転送してたw)
ある程度の汎用接続ケーブルならPCにささっていたし、
USBメモリなら、店から1分以内の範囲で、8G1000円以下、16Gでも
1500円程度で売ってますw
(実際、私は持ってったのが容量足りなくて、友人に買ってきてもらった・爆)

データ量は、精度にもよりますが1冊100~200Mが収まるカンジ。
まとめてやると転送時間もかかるので、予定がある人は計算にいれときましょう。

それから、特にjpg保存の場合、転送した先のサムネイルを見て、
破損したファイルがないかも確認しときたいですね。
と、ここまででだいたい2時間くらい。
設定テストや読み込み直し、フリーズによる再起動やクリーニングもあったので、
まぁ初回はこんなものかと。
感覚的には1冊(京極堂除くw)3分もあれば、スキャン→ファイル確認まで
いけると思います。

転送確認が終わったら、いらない書籍は店内のBOXに置いていって可。
捨てるつもりの人はこれも助かる要素かも。
まぁ後で店内に”展示”される可能性もあるので、グレーな気分にはなりますが…

今回は、店内の展示品は、見て回っただけでスルーしましたが、
結構な量のコミックと”エロ薄い本”が置いてありました。


自宅の機材より格段に上なので、また利用したいところですが、
1kg700、800円くらいにならんかなぁと。
自宅では自炊できない、良い機材でさくっとやりたいっていう人なら
利用してもいいかと思います(あくまでも持ち込みで)。

ゲームブックなんて、後でPDF化して、ページで楽々移動できるようになれば、
面白いかと。それからHPや持ち物表を別ウインドウでリアルタイムに
書き換えられれば、ちょっとしたゲームになるんじゃね?
RPGゲームと名づけて売ればヒットすんじゃね?<阿呆


自炊関連商売自体がまだグレー街道まっしぐらなのと、店長が2/22号のSPA!で、
テナント料が高いので引っ越すかもとか言ってるので、
今の場所での営業はそんなに長いことはない?のカモ。

しかし、パーツロード的にはメインストリートだけど、あの雑居ビルでテナント料
高いのかぁ……そりゃパーツショップもバタバタ店閉めるわな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック